職場復帰支援Q&A:産業医と主治医を兼ねることは問題があるか

      職場復帰支援Q&A:産業医と主治医を兼ねることは問題があるか はコメントを受け付けていません。

質問:産業医と主治医を兼ねることは問題があるか

当社で契約している産業医の先生(精神科医)が勤務する病院を受診し、産業医の先生を指名して診察をうけている社員がいます。休職中の方もいて、その人には同じ医師が産業医と主治医の両方の役割を兼ねています。また、個人名まではうかがっていませんが、産業医としてはまだ面識のない社員が、患者として診察を受けていることもあるそうです。産業医と主治医を同じ医師が兼ねていることに問題はないでしょうか。どう対応すればいいでしょうか。

回答:産業医としての職務が適切に遂行されないおそれがあるため、産業医と主治医の兼任は避けるべき

一般的には、ひとりの医師が産業医と主治医を兼ねるのは避けるべきだとされています。治療を行う主治医の立場からの判断と、会社が安全配慮義務を果たすための産業医の立場からの判断は必ずしも一致しないこともあるからです。
 たとえば休職期間満了が目前にせまってきている社員が、復職を焦っているケースを考えてみましょう。主治医は今後の生活などの観点から「復職可能」と診断書を発行していても、産業医は安全配慮義務の観点から「復職不可(まだ早い)」と判断することもありえます。ひとりの医師が産業医と主治医を兼ねていると、産業医と主治医の利益が一致しない場合も想定され、そのようなときに患者(=従業員)と会社を混乱させたり、産業医としての適切な判断を行いづらくなったりすることが考えられ、トラブルの元になります。
 そうしたリスクを避けるためにも、産業医の先生とよく相談し、産業医と主治医を兼ねないように(=今後は当社の社員の主治医にならないように)お願いしておくなどの対応をおすすめします。

> 職場復帰支援Q&A 目次に戻る