職場復帰支援Q&A:復職後に周囲の社員からサポートが得られるようにするには

      職場復帰支援Q&A:復職後に周囲の社員からサポートが得られるようにするには はコメントを受け付けていません。

質問:復職後に周囲の社員からサポートが得られるようにするには

復職後、本人が安心して働けるように、周囲の職場の理解やサポートが重要だと思います。どのような点に留意して対応すればよいでしょうか。

回答:休業中から復職後までの本人との定期的な面談、復職前の上司との打ち合わせが重要

復職後に本人が安心して働けるようにするために、また、周囲の理解やサポートを得るために、休業中から復職後一定期間の本人との定期的な面談、復職前の上司との情報共有などが重要です。
 休業中から本人と定期的に面談を行うことで、本人がどのように職場で問題を抱えていたのか、その問題に対してどのような職場のサポートが必要か、本人はどのような対応を周囲に期待しているのか、などを十分に把握することができます。また、本人の不安に対しての情報提供や助言なども行えるでしょう。
 また、復職前に上司と対面で面談し、復職の進め方についての相談を行うだけでなく、職場で必要な配慮や本人へのサポートなどについても、直接、説明することができます。その際には、上司から見た職場の状況などについても情報収集を行い、事例の問題点をより多角的に分析するようにします。その上で、必要と思われる対応について情報提供したり、上司からの質問に答えたり、疑問点について一緒に考えたりすることで、復職後に適切なサポートが得られる環境を作ることができます。

> 職場復帰支援Q&A 目次に戻る