MaxiVistaで "やりすぎ" トリプル・ディスプレイ

      MaxiVistaで "やりすぎ" トリプル・ディスプレイ はコメントを受け付けていません。

先日紹介したMaxiVistaというソフトを使って、仮想トリプル・ディスプレイ環境にしてみました。これでは情報があちこちに散らかっているだけで、激しく使いづらいです!! 手前のVAIO U3の画面は小さすぎて文字が読みづらいし(6.4型, 1024×768)、奥にあるLet’s note Y4の画面は位置が少し高すぎます。
 
一般的にマルチモニタ環境はとても便利なのですが、上の写真のような環境で、左を向いたり右を向いたり、画面に顔を近づけたりしているうちに「これは便利とは少し違うのではないか」という疑問が浮かんできました。そもそもノートPCを購入したのも、机の上をすっきりさせたいという目的があったからだし……(参照: PC 買い換え!! 劇的ビフォーアフター)。

うーむ、過ぎたるは及ばざるがごとし……なのかっ。常にデュアル・ディスプレイにするのではなく、普段は1台のPCを使い、何か2画面が必要なときだけMaxiVistaを使うようにするといいのかもしれません。