職場復帰支援Q&A:復職時に配置転換や異動を希望する社員への対応

      職場復帰支援Q&A:復職時に配置転換や異動を希望する社員への対応 はコメントを受け付けていません。

質問:復職時に配置転換や異動を希望する社員への対応

復職時には元の職場に復帰するのが原則だと聞いていますが、異動や配置転換を本人が希望しているときにどのように対応すればよいですか。

回答:異動する・異動しないという二者択一ではなく、さまざまな選択肢のひとつとして考える

本人が配置転換や復職を希望しているときは、なぜそう考えているのか、背景にあるニーズに耳を傾けましょう。異動希望の背景には、元の職場や業務に戻ることについて、なんらかの不安や心配を抱えているものです。不安や心配事を丁寧に聞き取ることで、「異動する・異動しない」という二者択一ではなく、不安や心配事を軽減するような工夫や業務調整を行える場合もあります。

スムーズに復職支援を行うためには、会社側と本人側の相互理解と歩み寄りが必要です。まず、会社側が、復職後、体調に配慮をして、負担が少なくなるような業務調整を実施します。そして、本人側も、復職後に体調を崩さないで仕事ができるように、仕事のしかたや体調管理を工夫するよう努力を行います。産業医・看護職・心理職などの産業保健スタッフは、職場や主治医と連携しながら、そのような工夫をうまく行えるように本人や職場をサポートします。

> 職場復帰支援Q&A 目次に戻る