Longhornに搭載されるキレイなフォント "Meiryo"

      Longhornに搭載されるキレイなフォント "Meiryo" はコメントを受け付けていません。

現在開発中の次世代Windows OS “Longhorn” に搭載される新しい日本語フォント “Meiryo” の画面写真が公開された。画面上の文字をなめらかにクッキリと表示するClearType技術を最大限に活かせる注目のフォントだ。
 

現在開発中の次世代Windows OS “Longhorn” に搭載される新しい日本語フォント “Meiryo” の画面写真が公開されました(「本田雅一の「週刊モバイル通信」 WinHEC 2005版”Longhorn”インストールレポート」, 画像1画像2)。読みやすくて親しみやすい印象のフォントですね。「漢」の字を見るとわかるように、表示サイズにあわせて自動的に字体を省略するんだそうです。画面の解像度はまだまだ印刷には及ばないので、こういう工夫が必要なんですね。

現行OSのWindows Xpには、文字をくっきりとなめらかに表示する”ClearType“という技術が搭載されています。この技術によって、特に液晶ディスプレイ上の欧文フォントの表示品質がぐっと高まりました。しかし残念なことに、画数の多い日本語の文字との相性はいまひとつで、日本のユーザーはその恩恵をあまり受けることができません。特にMacの画面を見た時などには、大変くやしくてうらやましい思いをしているのです。

個人的な話ですが、Windows 2000からWindows Xpへ乗り換えたもっとも大きな理由は「画面のフォント表示がきれいになったから」だったりします。あ~、Longhornの登場が楽しみになってきたぞ~。

あ、でも、このフォントで印刷したときの品質はどうなのかしら。Macのヒラギノフォントにはかなわないような気もするなあ。

本田雅一の「週刊モバイル通信」
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0503/mobile291.htm