Keynoteプレゼンテーションを全て画像にしてPowerPointに変換する

      Keynoteプレゼンテーションを全て画像にしてPowerPointに変換する はコメントを受け付けていません。

プレゼン界のカリスマ、スティーブ・ジョブズが使っているプレゼンテーション・ソフト「Keynote」。上品で美しいスライドが誰でも簡単に作れます。しかし、時には「PowerPoint(Windows版)のファイルを提出してください」と指定され、PowerPointのファイルしか利用できないこともあります。

そんなときは「AutoMator」を使えば大丈夫。「プレゼンテーション:イメージスライドを作成」アクションを使えば、Keynoteから書き出した画像ファイルを、そのままPowerPointに変換できます。その手順を説明します。

(1) Keynoteで「ファイル > 書き出す…」を実行し、各スライドを画像として保存する。

keynote1.jpeg

(2) AutoMatorで「プレゼンテーション:イメージスライドを作成」アクションを使い、以下のようなアクションを実行する(※このアクションを実行するときは、Keynoteを起動して新規のファイルを開いておくこと)。

keynote2.jpg

(3) 作成したスライドを「PowerPoint形式」で保存する。

keynote3.jpg

これで完了。Keynoteのスライドがそのまま表示できるPowerPointファイルのできあがりです。美しいヒラギノフォントがそのまま使えるのはうれしいですね。注意点としては、ファイルサイズが少し大きくなることと、アニメーション効果がすべて「単純表示」になることです。

このやり方の応用として、PDFファイルからスライドを作成することもできます。まず、AutoMatorの「PDF:PDFを複数のイメージにする」アクションを使って、PDFファイルを画像ファイルに書き出し、その後で上記の手順を用います。