iPhone 7 Plusの通話音質の低下の原因が「手帳型ケース」だった話

      iPhone 7 Plusの通話音質の低下の原因が「手帳型ケース」だった話 はコメントを受け付けていません。

先週、iPhone 6 PlusからiPhone 7 Plusに機種変更したところ、電話の相手から「声が小さい」「声が途切れ途切れになる」「くぐもっていて、よく聞こえない」などと指摘をうけることが続きました。SoftbankやAppleのサポートセンターに問い合わせても原因がわからず、どうしようかと途方に暮れかけたところ、ちょっとしたことで原因が判明しました。

20161102-dsc08275

原因は、上の写真にうつっている手帳型のケースF-grip iPhone 7 Plus 手帳型カバーでした。どういうわけだか、このケースをつけたときに限って通話品質が著しく悪化するのです。ケースを外せば通話の音質が改善し、ケースをつけると悪化するという状況が確認できました。

iPhone 7 Plusの設計に問題があるのか、ケースの設計や製造に問題があるのかはわかりません。まさかケースに原因があるとは思わなかったので、驚きました。

海外のApple製品のサポート掲示板にも、同様のトラブルの書き込みがあります。7〜8ページ目以降から、「手帳型のケースをつけて通話するときに音質が悪くなる」「ケースを外すと問題ない」という報告が目立ちます。