神奈川県藤沢市でメンタルヘルス不調の復職支援の講演を行いました

      神奈川県藤沢市でメンタルヘルス不調の復職支援の講演を行いました はコメントを受け付けていません。

神奈川県労務安全衛生協会 藤沢支部の主催する「健康作り研究会」で、産業医・看護職・衛生管理者・人事担当者むけに「メンタルヘルス不調の復職支援」についてお話をしてきました。

健康作り講演会 2016年02月 スライド 002

60分という短い時間でしたが、復職支援をスムーズに行うポイントや、再発を防ぐための復職可否の判定、復職後の業務調整についてお話しました。

健康作り講演会 2016年02月 スライド 025

メンタルヘルス不調の復職支援の難関の一つが、復職可否の判断です。生活リズムの回復に着目した復職可否の判定方法と「生活記録表」の使い方を説明し、簡単なグループ実習を行いました。

健康作り講演会 2016年02月 スライド 029

上のスライドは「復職可能」と判断できる生活記録表の一例です。こうした生活記録表に一日の過ごし方を簡単に記録してもらい、それを毎月の面談などで確認しながら、復職のタイミングを探っていきます。

健康作り講演会 2016年02月 スライド 032

生活記録表を使うときのポイントは、「こうなったら復職可能ですよ」という基準を決めておき、あらかじめ、本人を含め、社内の関係者や、主治医にも伝えておくことです。復職のイメージを共有しておくと、足並みをそろえて対応できます。

今回紹介した復職支援のツールは本ブログでダウンロードできます。また、メンタルヘルス不調の復職支援について解説した動画をYouTubeにアップロードしていますので、ぜひ参考になさってください。