おとなりの職場に学ぼう! 職場巡視良好事例集2006

      おとなりの職場に学ぼう! 職場巡視良好事例集2006 はコメントを受け付けていません。

Junshi Good Practice2006

私が産業医として勤務している会社では、定期的に職場巡視を行っています。2006年度に私が参加した計16回の職場巡視の中から、良好事例を50ヶ所とりあげた事例集を作成しました。

職場巡視の3つの目的

産業医と衛生管理者による職場巡視は、労働安全衛生法に基づいて行われています。職場巡視には大きく3つの目的があります。

(1) 安全・健康・快適職場作りの視点から、作業環境と作業のやり方を点検する
(2) 実際の職場や仕事の様子を観察して理解する
(3) 産業保健スタッフと社員の垣根を低くし、相談窓口として機能しやすくする

「仕事による健康影響」や「職場の健康影響」を考える上で、現場を実際に見ることはとても大切です。職場巡視は産業医の最も重要な活動のひとつです。それに「いろんな職場や仕事を見てみたい」と思って産業医になった私にとっては、とても面白い仕事でもあります。

職場巡視の良好事例集

2006年度は、私の担当する2つの地域で合計16回の職場巡視に参加しました。毎回の巡視報告書とは別に、毎年1回「良好事例集」を作成しています。現場の良好事例や改善事例を共有することで、波及効果があればと考えています。