1980円のちゃぶ台でスタンディングデスクを作った

      1980円のちゃぶ台でスタンディングデスクを作った はコメントを受け付けていません。

Blog 130219 0001

ネットで話題になっている「スタンディングデスク」を試してみました。写真を見るとわかるように、スタンディングデスクとは立ったまま仕事ができる机のことです。座ったままの状態と比べ、肩こり・腰痛が予防できるほか、カロリー消費も少し多く、また仕事への集中力が増すと言われています。

医学的な面から言うと、単純に「座っていると健康に悪く、立っていると健康に良い」というわけではありません。しかし、ずっと同じ姿勢で長時間のPC作業を続けると、眼精疲労や肩こり、腰痛などの原因になることが知られています。スタンディングデスクを用いることで「猫背で何時間もPC作業を続けること」が予防できそうです。

スタンディングデスクを試す、最もお手軽な方法は、小さなちゃぶ台を机の上に乗せてみることです。足が痛くならないように、クッション性の高い靴を履いたり、やわらかいマットを足元に敷いたりするとよいそうです。

さっそく僕もマネをしてみて、写真のような環境で仕事をしてみました。肘がちょうど90度くらいの角度になって、楽にキーボードを操作できます。背中と首をまっすぐ伸ばした状態で作業ができるため、首~肩も楽な感じがします。

しかし、1時間ほどでふくらはぎが疲れてきたので、椅子に座っての作業に戻りました。しばらく、スタンディングデスクを使う時間を少しずつ延ばしながら、このスタイルを試してみたいと思います。

スタンディングデスクの参考記事: