快適な睡眠、豊かな住まいのための間接照明

      快適な睡眠、豊かな住まいのための間接照明 はコメントを受け付けていません。

引っ越しを間近に控えて、新しいお部屋のレイアウトをどうしようかと楽しく悩んでいます。特に最近は「照明」に興味津々です。

今まで照明と言えば「昼光色で、天井から、まんべんなく、特に手元を明るく照らす」ことしか考えていませんでした。天井や壁を照らす間接照明なんて「明かりをいくつもつけるなんて、電気代のムダ!!」とさえ思っていたんです。

けれども最近になって、もっと照明に工夫をしてもいいのではと考えるようになりました。間接照明を使って壁や天井をうまく照らすと、部屋がひろびろして見えますし、青白い光よりもオレンジ色の光のほうが、くつろいだ気分になります。ファミレスやコーヒーショップで仕事をするとはかどるのは、照明のせいもあると思うんですよね。

また、照明は睡眠と深い関係があることもわかっています。朝日を浴びると体内時計がリセットされてスッキリ目が覚めるとか、寝る前にテレビやPCやら光の刺激を受けすぎると目がさえてしまうとか。

そんなわけで、ただ「明るければ良い」という考え方を卒業して、間接照明とやらを取り入れてみようと、いろんなサイトをみて勉強中です。安価な照明器具をうまく組み合わせるだけで、雰囲気ががらりと変わるようです。会社の面談室もちょっと工夫してみようかな。

住まいを豊かに照らす間接照明を愉しもう(あかりを愉しむドットコム)
ODELIC | あかり選びのアドバイス
お部屋の雰囲気UP 一室多灯照明のススメ
第1回 ウチ酒がおいしくなるムーディ間接照明
安らぎの間接照明
快適な睡眠を手に入れる寝室作りとは