生活習慣病と健診データを理解するための「公式」

      生活習慣病と健診データを理解するための「公式」 はコメントを受け付けていません。

「○○の数値が高いが、どうしたらいいだろうか。」 健康診断の後に面談をしていると、必ず出てくる質問です。しかし、せっかく相談したのに「お酒を減らしなさい」、「禁煙しなさい」、「ダイエットしなさい」という決まり文句のお説教をされただけで、あまり参考にならなかったと言う人もいます。

逆に、医師の立場からすると、すぐにでも内服治療を開始したいほどひどいデータなのに、「忙しくて最近は運動をしていないので、もっと運動します」 「お酒をなるべく減らして様子をみます」 「体重を減らして頑張ります」という、あてにならない決意表明を聞かされるばかりで、イライラする場面も少なくありません。

どうやら健診結果や生活習慣病について、双方の理解に食い違いがあるようです。検査値の異常がなぜ出るのか、このブログでも何度か説明してきました。もう一度、次の簡単な公式を使って整理してみましょう。

【 生活習慣病の定理1 】
(1) 検査の数値 = 生まれつきの体質 + 生活習慣 + 年齢 - 薬
(2) 生活習慣 = 食事 + お酒 - 運動
(3) 生活習慣 ≒ カロリーの収支 ≒ 体重

健診のデータが異常値を示す原因には、生まれつきの体質による先天的な要因と、生活習慣や服薬治療などの後天的な要因があります。生活習慣とは、食事や飲酒、運動の習慣のことです。つまり体重管理とも言い換えられます。

「なぜ自分はこの数値が高いのか」 「どうすれば下がるのか」、上の公式を使って考えると整理しやすくなります。

例えば、肥満ではないのに数値が高いとか、家族にも同じ病気の人がいるという場合には、先天的な要因の影響が強いと考えられます。生まれつきの体質や加齢による変化は、本人の意思ではどうすることもできませんが、体重の管理や服薬の開始などを行えば、数値を下げることができます。

【 生活習慣病の定理2 】
(4) 重大な病気の発生 = Σ(高血圧) × Σ(高脂血症) × Σ(高血糖)
                 × Σ(高尿酸血症)
※ Σ: それぞれの悪影響を年数で累積したもの。

「体質が原因だから、薬を飲まなくていいですよね。」 「薬を一生飲み続けるのはイヤなので治療しません。」と、生活習慣病の治療について誤解している人も多いようです。

自覚症状が無いのに、どうして生活習慣病を治療するのでしょうか。それは、脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気の発生を予防するためです。

生まれつきの体質の影響であれ、生活習慣の影響であれ、データ異常が長く続くと動脈硬化が進行します。その結果、大事な臓器の血管が詰まって、死亡したり、寝たきりになったりするのです。データの異常が軽度でも、複数の要因が重なれば、動脈硬化の進行や病気の発生のリスクは何倍にも高くなります。

関連記事

ELECTRIC DOC. – 生活習慣病Q&A / マンガでわかる生活習慣病

この記事は、私が専属産業医をしている企業内で配信しているメールマガジンの内容を、ウェブ用に書き直したものです。