E-330で写真を撮ってみたよ (梅・カモ)

      E-330で写真を撮ってみたよ (梅・カモ) はコメントを受け付けていません。

< 買ったばかりのデジタル一眼レフOLYMPUS E-330を持って、さっそく出かけてきました。ずっしりとした手応え、手になじむ手動式ズーム、素早いオートフォーカス、軽快なシャッターなど、コンパクトデジカメには無かった満足感を存分に味わってきました。


「梅まつり」で有名な湯島天満宮に行ってきました。デジタル一眼レフならではの「ボケ味」を生かした写真を撮りたいんだけど、露出や構図が難しいですね。この作品も、横構図で撮った写真を、縦構図にトリミングしています。


受験シーズンまっただ中。合格祈願の絵馬が山のように掛かっていました。


この日、ピンクの梅の花を咲かせているのは3~4本しかありませんでした。


朝のお勤め(?)。今日は北風が強く気温も上がりませんでした。寒くないのかしら。そうそう、E-330は手袋をはめていてもちゃんと操作できました。さすがっ!


上野公園の不忍池。エサをやっている人がいて、水鳥やカメラマンが群がっていました。月曜日なので施設はほとんど休館。園内も枯れ枝ばかりで非常に殺風景でした。桜や新緑の季節が待ち遠しいです。


なぜかグルグルとまわり続けていた2羽のカモ。何をしてるのか知らないけど、おもしろいので連写してきました。54mm(35mm換算で108mm)の望遠端ではズームが足りずにトリミングしています。ああ、早くもレンズが欲しくなってきた(笑)。


バリアングル液晶のおかげで、カメラを地面すれすれに構えることもできます。E-330のバリアングル液晶は、ちょうどレンズの後ろにあるし、上下のどちらにも動かせるので、とても使いやすいと思います。


ありがちな構図のありがちな写真ですが、サザンカの深い色合いが好きです。傷の少ないキレイな花を探すのが大変でした。葉っぱが虫食いになってますが……。

(撮影 : OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL 14-54mm f2.8-3.5)

画像のレタッチにはPicasa2というフリーウェアを使っています(公式サイトレビュー記事)。非常に高速で操作もわかりやすいのが特長です。元の画像ファイルに手を加えない非破壊編集なので、操作はとてもクイック。たくさんの画像をパッパッと修正していくときも、1枚の画像をじっくり調整していくときにも、とても便利です。