クール・ビズで夏ばて対策!?

      クール・ビズで夏ばて対策!? はコメントを受け付けていません。

いよいよ暑くなってきました。小泉首相の「クール・ビズ」姿も見慣れてきましたが、皆さんの暑さ対策は万全でしょうか。今回は「夏ばて」についてお届けします。

ひとくちに夏ばてと言っても、全身がだるい、食欲がない、頭が回らない、夏かぜをひく、下痢をする、熱が出る、めまいが起こる、暑くて寝られないなど、いろいろな症状があります。ふだんから体力に自信のないひとは特に用心が必要です。

また「クーラー病」などといわれるように、冷房のかけすぎも夏ばての原因になります。屋外と屋内との温度差が7度以上あると体がだるくなります。「クール・ビズ」にして冷房の設定温度を上げることは、夏ばて対策にもなるんですね。

さて、夏ばて予防のポイントは次の3つです。

(1) ちゃんと食べる
夏は食欲がなくなりがち。ついつい食事も偏ってしまいますが、豆腐や枝豆などから良質なタンパク質を、野菜や果物などからビタミンやミネラルをたっぷりとってください。ショウガ、わさび、ネギ、こしょう、シソなどの香辛料をうまく使うと食欲が出てきます。水分補給も大事ですが、糖分の多い清涼飲料水は食欲をなくすので注意が必要です。思い切って熱いお茶を飲むとか、ハーブティーなどがお勧めです。

(2) 冷房をかけすぎない
室温と外気温との差が7度以上にならないよう、エアコンは25~28度に設定しましょう。設定温度と室温には差があるので室温調整には温度計が必要です。除湿機能を使うだけで意外と快適に過ごせることもあります。エアコンの冷たい風に直接当たらないようにし、涼しすぎるときはカーディガンや膝かけなどを使いましょう。

(3) 疲れをとる
ぬるめのお風呂にゆっくりつかる(39~40℃)、早寝早起きをする、犬の散歩をするなど、自分にあったリラックス法を身につけておきましょう。睡眠不足は夏ばての元になります。オフタイマーなどを上手に使って、暑くて寝苦しくならない程度に冷房を工夫しましょう。

暑い暑いといくら言っても、日本の夏は暑いものと相場が決まっています。夏ばて対策を十分にとりながら、暑い夏を思いっきり楽しんでください。

この記事は、私が専属産業医をしている企業内で配信しているメールマガジンの内容を、ウェブ用に書き直したものです。