名刺を印刷してみた

      名刺を印刷してみた はコメントを受け付けていません。

調子に乗って、このまえデザインした名刺を実際に印刷しちゃいました。なかなかのできばえに満足しています。それにしても、家庭でこのクオリティの名刺を印刷できるとは、まったく素晴らしい時代になったものです。

印刷には、市販の名刺印刷シート「サンワサプライ JP-MC8K」を使いました。A4用紙に8枚の名刺を印刷できます。とても細かいミシン目が入っているので、2~3回折り曲げるだけで簡単に切り離すことができます。写真の右上にあるのがその切れ端です。

表面が光沢紙、裏面が普通紙になった厚手の用紙で両面に印刷できます。しかし、厚手の用紙のためか、両面印刷に対応したプリンタで両面印刷すると紙詰まりしてしまいました。表面と裏面は2回に分けて印刷したほうがいいみたいです。

名刺の作成と印刷にはMicrosoft Publisherという簡易DTPソフトを使いました。カード印刷モードを使えば、名刺用紙のレイアウトにあわせて1ページに8面まとめて印刷できます。裁ち落とし印刷なども指定できるため、名刺のフチまで色を乗せることができます。

僕が使っているプリンタはhpのPhotosmart 2450という複合機なのですが、前面給紙・前面排紙タイプで、厚手の紙への印刷に対応していないためか、カードの間隔が少しずつずれたり、斜めになったりすることもあります(普通紙に印刷したらずれない)。カードの間隔など印刷設定の調整が必要です。

この名刺、今後参加する予定の異業種交流会や、会社を離れての勉強会などで使ってみようと思っているのですが……少しやりすぎたかしら(笑)。

参考: Microsoft Publisherで名刺やカレンダーを作る