机の上をワイヤレスにする計画

      机の上をワイヤレスにする計画 はコメントを受け付けていません。

液晶ディスプレイをアームに取り付け、机の上はこれですっきり!!……と、すがすがしい気持ちでいられたのもつかの間、今度はマウスとキーボードからのびているケーブルが気になり始めた。このケーブルが無くなったらどんなに使いやすくなることだろうか、とそんなことを考え出すともう止まらない。黒色であることと、マウスに「戻る・進む」ボタンが付いていることを条件に、いろいろなメーカーの製品を検討した結果、Logicool のワイヤレスキーボード + マウス Cordless MX Duo (CK-87MX) を購入。
 

キーボードはいろんな特殊キーがついた大きめのタイプ。薄型なので思っていたほどかさばらない。アプリケーションキーにはメールソフトや Web ブラウザなどの他に、画像管理ソフト、エディタ、電卓などよく使うソフトを割り当てておく。キーボードの中央にはボリューム調整の行えるダイアルや音楽の再生 / 一時停止を操作できるキーがあり、これまた便利だ。左端にもスクロール用のホイールがついているが、使う機会はほとんどない。しかし、ふとしたときにコレでスクロールできると、うれしい気分になる。

ワイヤレスマウスは「戻る」 「進む」などのボタンがついたタイプ。電池の重さが気になるが操作のジャマになるほどではないし、充電式というのもポイントが高い。ホイールの上下には、上スクロール・下スクロールの専用ボタンがあり、ホイールをくるくる回し続けなくてもスクロールが楽に出来るようになっている。

そんなわけでキーボードとマウスのコードが消え、机の上はかなり自由になりました。意味もなく膝の上にキーボードをのせてタイピングして喜びをかみしめております (笑)。

Tips : ブラウザによっては、ホイールボタン (中央ボタン) でリンクをクリックすると新しいウィンドウで開くよう設定できるものもあり、ブラウジングにとっても便利だ。Logicool のマウスでは、ホイールボタンに「ユニバーサルスクロール」という機能が割り当てられている。これを「中央ボタン」に変更するとブラウザの機能が使えるようになり、スクロールは従来通り行える。

Tips : この製品にはiTouchというユーティリティーソフトが付属しているが、環境によってはPCが不安定になることがある。私の場合はWindows 2000/XPをクリーンインストールした後にこのソフトをインストールするとPCが起動しなくなったりハングアップするようになった。また、AppleのiTunesをインストールしていてもiTouchからは操作できず不便に感じていた。そこで、iTouchをアンインストールし、システム付属のドライバを使ようにした。ショッピングボタン、コミュニティボタン、ウェブカメラボタンなど、Logicoolのサイトを開くためのボタンは使えなくなるが、Webブラウザ、メール、お気に入り、デフォルトのメディアプレーヤー起動や再生操作 (iTunesも操作可)、音量ボタン、キーボード側のホイール、戻るボタンなどの特殊キーは問題なく使用できる。マウスも5ボタンマウスとして認識される。