ノート PC の発熱を押さえて静音化 + バッテリー節約

      ノート PC の発熱を押さえて静音化 + バッテリー節約 はコメントを受け付けていません。

最近のPCは、CPUの動作速度を自動的に調節して、本体の発熱とファンの回転を抑えバッテリー消費を抑える省電力機能を持っています。SpeedswitchXPというソフトを使うと、その省電力設定をコントロールすることができます。

例えば、僕が普段使っているタブレットPC「Acer TravelMate C110」は常にフルパワーで動作しているらしく、底面がとても熱くなります。SpeedswitchXPを使って、CPU動作速度を自動調節したところ「人肌程度」にまで発熱が抑えられました。

(1) 初期設定

SpeedswitchXPを起動すると、タスクトレイにアイコンが表示されます。右クリックして「Main Window」を開くと、CPUの動作速度に関する項目がずらりと並んでいますが、ここでは必要最小限のものについて説明します。

1. Detect max. speed ボタンを押し、 CPU の最大動作クロックを調査する。
2. Options ボタンを押すと、次のような設定画面が表示される。

3. Minimize to Tray when clicking on Close Button をチェック
4. Reactivate previous power scheme when terminating をチェック
5. Read CPU speed をチェック
6. Read CPU Load をチェック
7. Show history diagram をチェック
8. Show battery level in tray をチェック
9. OK ボタンを押して設定画面を閉じる
10. Minimize To Tray ボタンを押して設定画面を閉じる

(2) 省電力設定

SpeedswitchXPには4種類の省電力設定があります。Pentium M 1GHzのPCで使うと、それぞれの動作速度は次のようになります。AC電源を使うときはDynamic switching、バッテリー駆動時にはMax. Batteryを選ぶといいでしょう。

  • Max. Performance : 常に1000 MHzで動作。最大の性能を発揮する。
  • Battery Optimized : 常に600 MHzで動作。
  • Max. Battery : 0~600MHzで自動調整。バッテリー駆動時間が最長。
  • Dynamic switching : 0~1000 MHzで自動調整。最大の性能を発揮しつつ、不要な発熱を防ぐことができる。

使ってみて

タスクトレイの表示を眺めていると、アプリケーションの起動時やファイル検索時などにはCPUの動作速度が上がりますが、それ以外のほとんどの間、動作速度は低く抑えられています。しかも、体感的な動作速度はほとんど変わりません。


動作クロック 600 MHz、CPU 負荷 17%

しばらく作業をした後で、PCの裏面をさわってみたところ、以前は顔をしかめるほどの熱さだったのが、「人肌よりわずかに温かい」程度でした。バッテリーの駆動時間もそれなりに延びているでしょう。

参考

http://www.diefer.de/speedswitchxp/
http://kaburaya.pobox.ne.jp/zakki/zakki_tc1100.htm