上司や職場への相談のしかた

      上司や職場への相談のしかた はコメントを受け付けていません。

 会社には、病気やケガ、メンタルヘルス不調など、健康上の問題で困っている社員に対して、医師の意見を聞き、業務の調整などの対応を行う義務があります。そのようなときは、上司、あるいは社内の健康相談窓口に相談しましょう。

職場の健康管理の基本的なしくみ.jpg

 また、従業員数が50人以上の会社は、産業医を選任しなくてはなりません。産業医とは、健康上の問題がある社員と面談し、当面の対応について会社にアドバイスする医師のことです。産業医に相談した内容はプライバシーが守られ、本人の承諾なく上司や人事に伝わることはありません。

 産業医は、今後の対応について、プライバシーに配慮しながら慎重に情報を伝えます。会社の担当者は、産業医と主治医の意見を参考に、就業規則や職場の事情を考慮して対応を決定します。

 上司や職場にどのように相談してよいかわからないときは、主治医や、または健康保険組合や外部EAP機関などの相談窓口にたずねてみましょう。

「メンタルヘルス不調者の職場復帰支援」のページに戻る