タブレットPCの互換性 : 筆圧の使えるソフトと使えないソフト

      タブレットPCの互換性 : 筆圧の使えるソフトと使えないソフト はコメントを受け付けていません。

タブレットPCで使ってみたいソフトに、PhotoshopやPainter、ComicStudioなどのペイントソフトがあります。ペンタブレットとの組み合わせは鬼に金棒。タブレットPCで、さらに便利に活用できるのではと期待している人も多いようです。

タブレットと筆圧対応ソフトを使えば強弱のついた入力ができる

■ PhotoshopとPainterで筆圧を使うには拡張ドライバが必要

しかし、タブレットPCで筆圧が使えるのは、ComicStudioやAlias SketchbookなどタブレットPC対応ソフトに限られています。PhotoshopやPainterなど、タブレットPCに対応していないソフトで筆圧を使うには、WACOMが公開しているタブレットPC用の拡張ドライバをインストールする必要があります。

ソフトウェア タブレットPC WACOM拡張ドライバ
Photoshop 5.5J~7.0J 筆圧非対応
ComicStudio Debut 2.0 線が二重になる
Corel Painter 6.0J 筆圧非対応
Corel Painter 8.0(体験版) 筆圧非対応
Alias SketchBook Pro 1.0
各ソフトウェアの筆圧対応状況

■ WACOM拡張ドライバにはまだ不具合がある

ただ、WACOMの拡張ドライバはまだ開発途中のもので、不具合も報告されているそうです。例えばComicStudioなどでは線が二重に引かれてしまいます。開発元のセルシスに問い合わせたところ「WACOMの拡張ドライバはサポートしておらず、現時点ではその予定もない。WACOMの拡張ドライバを使用しないで欲しい。」という回答をいただきました。

WACOMは2004年2月2日にこの拡張ドライバの正式版をリリースすると伝えられており、PhotoshopやPainterなど、WACOMタブレットに対応した約30のグラフィックスソフトで、タブレットPCの筆圧感知機能を利用できるようになるとのことです。

■ デスクトップ画面の回転に対応していないソフトも

もうひとつタブレットPCの特長は、デスクトップ画面を0度、90度、180度、270度と自由に回転させて使えることです。しかし、Corel Painter 6.0Jなど、タブレットPCに対応していないソフトの一部には、画面の回転に対応していないものもあります。(最新版のPainter 8.0Jでは対応しています)。

WACOM、拡張ドライバを2003年2月2日に公開 (ZDNet)
WACOMタブレットPC用拡張ドライバ ダウンロード